ムダ毛のお手入れは女性の身だしなみの手段です。人目を気にせず、好きなファッションやスタイルを楽しむためにも、ムダ毛処理
は欠かせませんね。

元々、レーザー脱毛が日本に導入されたのは1997年で、その後もオシャレに敏感な若い女性を中心に、脱毛エステサロンやクリニッ
クなどへ通う女性は年々増加しております。また、近年では女性だけではなく男性も、永久脱毛をする方が増えており、その需要は
今後ますます成長すると思われます。

永久脱毛の方法としては、大きく分けて全身脱毛と部分脱毛があります。
トータルで考えると、パック料金になっている全身脱毛が割安ですが、腕や脇、足、顔、背中、デリケートゾーンなど、脱毛をした
い部分だけ選べる部分脱毛も人気です。

中でも、いま若い女性を中心に人気で、注目されているパーツがデリケートゾーン「VIO脱毛」で、サロンによってはハイジーナ
脱毛とも呼称されています。

「VIO」とは、Vライン(小さな下着「ビキニタイプ」を着たときにムダ毛がはみ出すビキニライン)、Iライン(陰部から肛門
にかけたライン)、Oライン(肛門の周り)を意味します。

水着を着たとき、特にVラインの処理は大切ですね。また、小さめの下着を着けるときもやはり、Vラインはもちろんのこと、Iラ
インや0ラインも気にしたいところです。

ただ、デリケートゾーンは、他人には相談しにくい部位であり、「プロのスタッフであっても、他人にデリケートゾーンを見られた
ら恥ずかしい」という理由で施術をためらう女性も沢山いるようです。

しかし、デリケートゾーンは非常にデリケートな部位なので、カミソリなどで自己処理することで、肌にダメージを与え、黒ずんで
しまったり、剃ってもすぐにチクチクとした毛が生えてきてしまい、不快感を伴ったりetc結構トラブルも多いようです。

やはり安全で効率よく、効果的な脱毛を望むのであれば、脱毛エステサロンやクリニックなどでの永久脱毛をお勧めします。

VIO脱毛のメリットは、アンダーヘアがキレイに処理されることで、生理のときの蒸れや臭い、汗によるむれやカブレから解消さ
れ、常にデリケートゾーンを衛生的に保つことが出来るという点です。また「永久脱毛」することで、ムダ毛を自己処理する労力や
煩わしさから一切解放され、人目を気にせず好きなスタイルで水着やファッションを楽しむこともできます。

ただ、デメリットとしては一度、クリニックなどで永久脱毛してしまうと、二度とその部分に毛が生えてこなくなるというところで
しょうか。「若い時はいいけれど、年をとったときにデリケートゾーンがツルツルだと恥ずかしいのではないか」と躊躇う人も結構
いらっしゃるようです。

デリケートゾーンの脱毛に関しては、パートナーの意見や話し合いも大切です。脱毛することのメリット・デメリットをよく把握し
た上で、焦らず慎重に選ばれることをお勧めします。