欧米では常識でもあるデリケートゾーンのお手入れですが、最近では日本でも若い女性を中心にケアする人が増え、意識が高まって
いるようです。

デリケートゾーンは部位別に、Vライン(ショーツを着けたときにはみ出してしまうムダ毛)、Iライン(陰部周辺に生えるムダ毛)
、0ライン(肛門周辺のムダ毛)に分類されていて、脱毛用語ではイニシャルをとってVIOとも呼ばれています。

デリケートゾーンは女性にとって大切な部位で、間違った処理をすると、黒ずみや埋没毛、様々な肌トラブル(ぷつぷつ、炎症、あ
かみ)が生じるの危険性があります。

ただ、デリケートな場所なだけに、お手入れの方法やトラブルについて、他人に聞きづらいですよね。
そこで、デリケートゾーンの正しいお手入れの方法・ポイントについて以下にまとめてみました。是非、参考にしてみてください。

まず、デリケートゾーンのお手入れに関するお手入れの方法ですが、一番多かったのがカミソリなど自己処理でする方法でした。

カミソリのメリットは、お手軽に一度に広範囲のムダ毛を処理できるという点です。
ただ、デメリットも多く、剃ってもすぐにチクチクと毛が生えてきてしまい、ショーツに突き刺さり不快に感じられたり、カミソリ
負けや色素沈着などの危険性もあります。

電気シェーバーは直接刃が肌に当たらないため、カミソリに比べダメージは少なくなりますが、やはり繰り返しのシェービングは肌
への負担になります。保湿クリームや乳液でしっかりアフターケアをすることがポイントです。

毛抜きやピンセットは、毛根ごと引き抜くので、カミソリや電気シェーバーに比べ、処理の頻度が少なくて済みますが、一本一本引
き抜くので、かなり時間がかかり、痛みを伴うというデメリットも。また、毛根ごと無理やり引き抜くので、埋没毛や肌へのダメー
ジも大きく、あまりお勧めできません。特に埋没毛は1度なるとなかなか治らない症状なので要注意です。

毛抜き、ピンセットと同様に、ワックス脱毛の際も、埋没毛や肌へのダメージが大きいので、特に敏感肌の方にはお勧めできません。

除毛クリームは、脱毛したい部分にクリームを塗り込み、洗い流すだけという、簡単でお手軽な方法ですが、クリーム自体、タンパ
ク質を溶かす作用があり、毛と同じタンパク質でできた肌もかなりのダメージを受けます。特に、デリケートゾーンは粘膜の周りの
敏感な部位なので、クリームを塗るときは、慎重に行う必要があります。

以上のような自己処理の方法ですと、効果は一時的なものなので、永久的に脱毛を望まれるなら、脱毛サロンやクリニックで永久脱
毛するのも1つの手段です。

いずれの方法にせよ、ご自身の肌質、ニーズに合った正しいケアで、デリケートゾーンのトラブルを未然に防ぎ、美しいアンダーヘ
アを目指しましょう!