女性なら誰でもデリケートゾーンに何かしら悩みを抱えている方が多いと思います。
あなたはデリケートゾーンのお手入れ、きちんととされていますか?

様々なトラブルの中でも「デリケートゾーンのにおいが気になる」という方が意外と多いようです。
ただ、場所が場所だけに他人と比べられず、「他人よりも臭うのでは?」と考え出すと、悩みが尽きませんよね。

そこで、今回はデリケートゾーンのにおいの原因、その解消法について、以下にまとめてみました。

まず、デリケートゾーンの臭いについてですが、これは雑菌によるものです。正しくは、雑菌が栄養を吸収して繁殖することで、不
快なにおいを伴う老廃物がたくさん排出されるためです。主に、雑菌の栄養分となるものは、生理中の血液や尿、汗、垢、おりもの
などです。

また、デリケートゾーンは脇と同様に、雑菌の大好物、脂肪やアンモニアを多く分泌するアポクリン腺という汗腺がたくさん集まっ
ています。

雑菌が繁殖しやすい環境は、栄養分と湿気が多いところなので、ショーツの中のデリケートゾーンは正に雑菌にとって絶好の環境と
言えるでしょう。

ただ、まれに「におい」の原因が病気であることもあります。急ににおいがキツくなったり、おりものの色が変わったりや量が増え
たりなどの症状がある場合、「細菌性膣炎」や「子宮頸癌」、「トリコモナス膣炎」など婦人病の可能性もあるります。すぐに婦人
科で受診されることをお勧めします。

デリケートゾーンのにおいを防ぎ、解消するためのポイントを以下にまとめてみました。是非、参考にしてみてください。

まずは、デリケートゾーンを洗う時のポイントです。
デリケートゾーンはとても皮膚が薄く、ひだの中に汚れが溜まりやすいので要注意です。デリケートな部位なので、出来ればデリケ
ートゾーン専用の肌に優しい低刺激の石鹸を使い、たっぷりと泡立て、優しく丁寧に洗いましょう。

洗い流すときは、熱いお湯では刺激が強すぎるので、ぬるま湯で、しっかりと汚れを落とします。
この際、膣内に石鹸を入れたり、洗ったりしないよう注意しましょう。膣内は自浄作用があり、常に常在菌が一定のバランスで保た
れているため、このバランスを崩すことでトラブルが生じる危険性があるためです。

デリケートゾーンをキレイにした後は、肌に優しく、通気性の良い下着を着けるようにしましょう。おりものや尿による汚れ対策と
して、専用のナプキンを小まめに変えることもお勧めです。

基本的には、常に清潔を保ち、雑菌が繁殖しやすい環境を作らないことを心がけることがポイントです。
是非、以上のポイントを守り、においに無縁な快適ライフを送ってください!