» デリケートゾーン脱毛のブログ記事

近年、若い女性を中心にデリケートゾーンのケアに対する意識は高まっており、ある統計によると7割以上の女性が自己処理やエステサロン、クリニック等、何らかの方法で、アンダーヘアをお手入れしていることが分かりました。

欧米では、ティーンエージャーの頃から、男女を問わず、デリケートゾーンのお手入れは常識だそうですが、日本でも近い将来、性別、年齢に関係なく、デリケートゾーンのお手入れが当たり前という時代がやってくるかもしれません。

ただ、デリケートゾーンに関しては、他人にトラブルを相談したり、ケアの方法を聞くのは恥ずかしく、躊躇してしまう方も多いと思います。だからこそ、パートナー(彼氏や旦那さん)はどう思っているのか、今のケア方法で正しいのか、非常に気になるところ
ですよね。

特にデリケートゾーンの脱毛に関しては、自分の一存で決められるものではありません。実際、彼氏はデリケートゾーンのケアについてどう思っているのか、1度ゆっくりと話し合ってみるのもよいかもしれません。

では、一般的に男性は女性のデリケートゾーン(アンダーヘア)についてどう思っているのでしょうか?

あるアンケート調査によると、約半数の男性は、「気になったことがある」との回答でした。

普段は隠せても、パートナーの前で水着や下着姿、あるいは全裸になったとき、デリケートゾーンはどうしても目に付きやすい部位ですね。ここぞという時に、アンダーヘアをきちんとお手入れしているか、していないかで、女性としての差が表れるのかもしれません。

やはり、気になるポイントは、毛の長さや量、形、どの程度のお手入れが理想的なのでしょうか?

男性によっては、ツルツルで全く毛がない状態に「ドン引き」するケースもあるようですが、まったくお手入れをしていないボーボーの状態はNGだと思います。

デリケートゾーンは脱毛用語で、Vライン(小さめの下着からはみ出すムダ毛)、Iライン(陰部から肛門にかけて生えるムダ毛)、Oライン(紅毛周辺のムダ毛)を総称してVIOラインと言われています。

一部にOラインの毛が気になるという男性の意見もありましたが、やはり「下着からはみ出してしまうようなだらしないアンダーヘアはダメ」といった意見が非常に多かったです。その反面、アンダーヘアが「薄く柔らかい」や「適度にキレイに整えられている」と女性らしく、好感が持てるという意見も多く聞かれました。

完全にツルツルにする必要はありませんが、「下着からはみ出さない程度」を目安に、ある程度キレイにお手入れすることは、パートナーに対する最低限のエチケットなのかもしれせん。

面倒であっても、様々な脱毛グッズを使用して小まめに処理することをお勧めします。

ただ、自己処理が面倒という方には、脱毛エステサロンやクリニックで永久脱毛するのもお勧めです。ツルツルに脱毛するのに抵抗がある方は、自分好みの形に、キレイに整えてもらうことも可能ですし、何といっても、煩わしい脱毛処理の手間から一切解放されるのは魅力ですね。

VIOラインの毛は他のパーツのムダ毛に比べて太いので、実はサロンの光脱毛では効果が出にくいです。アンダーヘアの脱毛をするなら、エステサロンよりも美容皮膚科などの医療機関でレーザー脱毛することをおすすめします。
VIO医療脱毛で失敗しない!痛みが少なく安いクリニックまとめ

いずれのケア方法を選ぶにせよ、パートナーとよく話し合い、ベストな方法を選ばれるとよいと思います。

今や、オシャレに敏感な若い女性を中心に、デリケートゾーンのお手入れに対する意識が高まっており、専用の脱毛サロンやクリニックで永久脱毛をする人も増えています。

デリケートゾーンは脱毛用語で「VIO」とも呼ばれ、V(ビキニタイプの小さめのショーツからはみ出すムダ毛)、I(陰部周辺から肛門にかけて生えるムダ毛)、O(肛門周辺に生えるムダ毛)を意味します。

デリケートゾーンを脱毛するメリットは、まず衛生面で常に清潔を保てるという点です。
特に、デリケートゾーンは生理中の経血やおりもの、尿や垢など、非常に雑菌が繁殖しやすい部位なので、アンダーヘアをキレイに処理することで、雑菌繁殖によるにおいや蒸れ、肌トラブルから一切解放されます。

また、自己処理の場合は、繰り返しのお手入れが必要となりますが、脱毛サロンやクリニックでの永久脱毛を選んだ場合、見た目もキレイになり、煩わしい脱毛処理の手間が省け、時間を有効に使えるなどメリットは沢山あります。

ただ、ムダ毛にも、きちんとした存在理由があるのです。
例えば、アンダーヘアであれば、紫外線から皮膚の保温や黴菌やウイルスが膣に侵入するのを防いだり、衝撃からデリケートゾーンを保護するクッションなど、保護、保温などが主な役割です。
アンダーヘアをキレイに処理することで、当然のことながら、これらの機能がすべて失われてしまうというリスクが生じます。

さらに、自分でムダ毛を処理するとき、様々なトラブル・リスクも多く、処理の際には慎重に行う必要があります。

特に、お勧めできないリスクの高い自己処理方法を以下にまとめてみました。

まずは、脱毛クリームやワックスを使う際のリスクです。
デリケートゾーンは膣周辺で粘膜近いゾーンなので、うっかり刺激の強い脱毛クリームやワックスが入ってしまうと非常に危険です。そもそも脱毛クリームはタンパク質を溶かすので、毛と同じタンパク質である皮膚もダメージを受け、ヒドイ痛みを伴うカブレなどの危険性があります。

また、デリケートな部位なので、毛抜きやピンセットにより無理に毛を引き抜くことで、痛みや炎症、埋没毛などの肌トラブルが起こりやすく、お勧めできません

毛抜きほどではありませんが、カミソリや電気シェーバーによる繰り返しのシェービングでもカミソリ負けなど肌ダメージも生じやすくなります。

家庭で自己処理する場合は、こういったトラブルを防ぐためにも、くれぐれも慎重に行いましょう。

また、脱毛エステサロンやクリニックなどで、デリケートゾーンを永久脱毛した場合、当然のことながら脱毛した部位からは二度と毛が生えてこなくなります。後になって、「やはりアンダーヘアを残しておけばよかった」と後悔しても後の祭りです。

これからデリケートゾーンの脱毛をしようと考えている方、そうでない方も、脱毛の方法やリスク、メリットについてしっかり把握して、ご自身に合ったベストなケア方法を厳選されることをお勧めします。

欧米では常識でもあるデリケートゾーンのお手入れですが、最近では日本でも若い女性を中心にケアする人が増え、意識が高まって
いるようです。

デリケートゾーンは部位別に、Vライン(ショーツを着けたときにはみ出してしまうムダ毛)、Iライン(陰部周辺に生えるムダ毛)
、0ライン(肛門周辺のムダ毛)に分類されていて、脱毛用語ではイニシャルをとってVIOとも呼ばれています。

デリケートゾーンは女性にとって大切な部位で、間違った処理をすると、黒ずみや埋没毛、様々な肌トラブル(ぷつぷつ、炎症、あ
かみ)が生じるの危険性があります。

ただ、デリケートな場所なだけに、お手入れの方法やトラブルについて、他人に聞きづらいですよね。
そこで、デリケートゾーンの正しいお手入れの方法・ポイントについて以下にまとめてみました。是非、参考にしてみてください。

まず、デリケートゾーンのお手入れに関するお手入れの方法ですが、一番多かったのがカミソリなど自己処理でする方法でした。

カミソリのメリットは、お手軽に一度に広範囲のムダ毛を処理できるという点です。
ただ、デメリットも多く、剃ってもすぐにチクチクと毛が生えてきてしまい、ショーツに突き刺さり不快に感じられたり、カミソリ
負けや色素沈着などの危険性もあります。

電気シェーバーは直接刃が肌に当たらないため、カミソリに比べダメージは少なくなりますが、やはり繰り返しのシェービングは肌
への負担になります。保湿クリームや乳液でしっかりアフターケアをすることがポイントです。

毛抜きやピンセットは、毛根ごと引き抜くので、カミソリや電気シェーバーに比べ、処理の頻度が少なくて済みますが、一本一本引
き抜くので、かなり時間がかかり、痛みを伴うというデメリットも。また、毛根ごと無理やり引き抜くので、埋没毛や肌へのダメー
ジも大きく、あまりお勧めできません。特に埋没毛は1度なるとなかなか治らない症状なので要注意です。

毛抜き、ピンセットと同様に、ワックス脱毛の際も、埋没毛や肌へのダメージが大きいので、特に敏感肌の方にはお勧めできません。

除毛クリームは、脱毛したい部分にクリームを塗り込み、洗い流すだけという、簡単でお手軽な方法ですが、クリーム自体、タンパ
ク質を溶かす作用があり、毛と同じタンパク質でできた肌もかなりのダメージを受けます。特に、デリケートゾーンは粘膜の周りの
敏感な部位なので、クリームを塗るときは、慎重に行う必要があります。

以上のような自己処理の方法ですと、効果は一時的なものなので、永久的に脱毛を望まれるなら、脱毛サロンやクリニックで永久脱
毛するのも1つの手段です。

いずれの方法にせよ、ご自身の肌質、ニーズに合った正しいケアで、デリケートゾーンのトラブルを未然に防ぎ、美しいアンダーヘ
アを目指しましょう!

女性なら誰でもデリケートゾーンに何かしら悩みを抱えている方が多いと思います。
あなたはデリケートゾーンのお手入れ、きちんととされていますか?

様々なトラブルの中でも「デリケートゾーンのにおいが気になる」という方が意外と多いようです。
ただ、場所が場所だけに他人と比べられず、「他人よりも臭うのでは?」と考え出すと、悩みが尽きませんよね。

そこで、今回はデリケートゾーンのにおいの原因、その解消法について、以下にまとめてみました。

まず、デリケートゾーンの臭いについてですが、これは雑菌によるものです。正しくは、雑菌が栄養を吸収して繁殖することで、不
快なにおいを伴う老廃物がたくさん排出されるためです。主に、雑菌の栄養分となるものは、生理中の血液や尿、汗、垢、おりもの
などです。

また、デリケートゾーンは脇と同様に、雑菌の大好物、脂肪やアンモニアを多く分泌するアポクリン腺という汗腺がたくさん集まっ
ています。

雑菌が繁殖しやすい環境は、栄養分と湿気が多いところなので、ショーツの中のデリケートゾーンは正に雑菌にとって絶好の環境と
言えるでしょう。

ただ、まれに「におい」の原因が病気であることもあります。急ににおいがキツくなったり、おりものの色が変わったりや量が増え
たりなどの症状がある場合、「細菌性膣炎」や「子宮頸癌」、「トリコモナス膣炎」など婦人病の可能性もあるります。すぐに婦人
科で受診されることをお勧めします。

デリケートゾーンのにおいを防ぎ、解消するためのポイントを以下にまとめてみました。是非、参考にしてみてください。

まずは、デリケートゾーンを洗う時のポイントです。
デリケートゾーンはとても皮膚が薄く、ひだの中に汚れが溜まりやすいので要注意です。デリケートな部位なので、出来ればデリケ
ートゾーン専用の肌に優しい低刺激の石鹸を使い、たっぷりと泡立て、優しく丁寧に洗いましょう。

洗い流すときは、熱いお湯では刺激が強すぎるので、ぬるま湯で、しっかりと汚れを落とします。
この際、膣内に石鹸を入れたり、洗ったりしないよう注意しましょう。膣内は自浄作用があり、常に常在菌が一定のバランスで保た
れているため、このバランスを崩すことでトラブルが生じる危険性があるためです。

デリケートゾーンをキレイにした後は、肌に優しく、通気性の良い下着を着けるようにしましょう。おりものや尿による汚れ対策と
して、専用のナプキンを小まめに変えることもお勧めです。

基本的には、常に清潔を保ち、雑菌が繁殖しやすい環境を作らないことを心がけることがポイントです。
是非、以上のポイントを守り、においに無縁な快適ライフを送ってください!

デリケートゾーンとはVIOとも呼ばれ、その名の通り、非常にデリケートな部位です。

VI0はV(ビキニライン)、I(陰部から肛門に欠けたライン)、O(肛門周辺)の3つの3つを合わせた部位を言い、いま若い
女性を中心に、クリニックやサロンでデリケートゾーン(VIO)を永久脱毛をする人が増えています。

その反面、デリケートな部位なだけに、他人に相談したり、見せるのが恥ずかしいという理由で施術を躊躇し、自己処理をする女性
も多いようです。

デリケートゾーンは自分で処理する際、とても見えにくい個所なので、カミソリを使用する際は細心の注意が必要です。

特に、起こりやすいのがカミソリ負けです。その多くの原因は、前準備を何もせずに剃ってしまい、後で赤みや傷、色素沈着などを
起こしてしまうといったケースです。

そこで、カミソリ負けしない正しいでりデリケートゾーンのムダ毛処理のポイントについて以下にまとめてみました。是非、参考に
してみてください。

・カミソリは3~4枚刃以上で、女性用の物を使用しましょう。(肌への負担が軽くなります)
 シェービングフォームも低刺激で肌に優しい物を選びましょう。

・入浴後など、予め毛を温め、柔らかい状態にしておきましょう。ムダ毛が濃く、長い人は、短めにカットしておくと剃りやすいで
 す。

・よく見えるよう鏡と椅子を準備して、皮膚がカミソリに引っかからないよう、しっかりと押さえて固定しましょう。丁寧にゆっく
 り剃り、同じ個所を繰り返し剃らないようにすることもポイントです。

・剃り終わった後は、お湯でしっかりと洗い流し、最後に冷水をかけ、毛穴を引き締めましょう。

・カミソリの刃を直接肌に当てるので、剃った後は粘膜が1枚剥がれた状態になっています。このため、アフターケアとしてしっか
 りと保湿乳液やローションを塗り込みましょう。

以上のポイントを守って剃っても、敏感肌の方は、カミソリ負けにかゆみやや痛みが出てしまうこともあり、症状としては、剃った
直後に出る場合と、かなり時間がたってから出るケースがあるようです。

剃った後、時間が経ってから症状が出る場合、保湿などのアフターケア不足が原因となっていることが多いようです。特に、乾燥の
多いシーズンはしっかりとアフターケアしてあげることが大切です。

日本では、あまり知られていませんが、デリケートゾーン脱毛が常識の欧米では、保湿効果のあるデリケートゾーン専用の石鹸を使
用するのが主流で、ムダ毛処理の際も、カミソリ負けが起こりにくいそうです。どうしてもカミソリ負けしてしまうような敏感肌の
方は、こういったデリケートゾーン専用の石鹸を試してみるのもよいかもしれません。

デリケートゾーンは、「VIO」とも呼ばれており、V(ビキニライン)、I(陰部から肛門までの部位)、O(肛門の周り)の3
つを合わせた部位を言います。

最近ではデリケートゾーン(VIO)を永久脱毛する若い女性が増えている一方、デリケートゾーンに悩みを抱え、「他人に相談す
るのが恥ずかしい」という理由で脱毛を躊躇する女性も非常に多いようです。

デリケートゾーンは女性にとってとても大切な部位です。皆さんは正しくケアできていますか?

今回は、デリケートゾーントラブルの中でも、常に上位を占めている「黒ずみ」に焦点を当て、正しいケアの方法、ポイントについ
て以下にまとめてみましたてので、是非参考にしてください。

 
普段は隠せても、水着や下着になったとき、どうしても人目に付きやすいデリケートゾーン、「黒ずみ」のトラブル、何とか解消し
たいですね。

「黒ずみ」は、下着や衣類などで締め付けたり、同じ姿勢で座っているときに受ける圧迫や蒸れなどのダメージで起こりやすくなり
ます。また、乾燥するシーズンでは、古い角質が蓄積されると、やはり黒ずみの原因となります。

そのため、特に冬場など乾燥するシーズンや生理の前後などホルモンバランスが崩れる時期には、特にしっかりと専用のコスメでケ
アをしてあげることが大切です。

まずは、デリケートゾーンの洗い方についてです。
日本ではあまり浸透していませんが、欧米ではデリケートゾーンのケアとして、専用の石鹸で洗うのが常識だそうです。
特に、女性のデリケートゾーンは粘膜が多く、とてもデリケートなので、普通の石鹸やボディソープだと刺激が強すぎ、ダメージを
与えてしまいます。そこで、デリケートゾーン専用の肌に低刺激な石鹸で、古くなった角質を優しく落としていきましょう。

洗い方としては、よく泡立て、デリケートゾーンを優しく撫でるように洗い、傷つけないようにしっかりと汚れを落とします。

洗い流すときには、熱いお湯だと刺激が強すぎるので、ぬるま湯で、キレイにすすぎます。この際、ムリに膣の中まで洗わないこと
もポイントです。膣の中は自浄作用があるので、洗うことで、バランスが崩れ、かえって雑菌などに感染しやすくなってしまう危険
性があるためです。

キレイに洗ったあとにはしっかりと保湿ケアをしてあげることが大切です。
そもそも、石鹸のみで完全に黒ずみ対策することはできないので、アフターケアとして潤いを保ちつつ肌のターンオーバーを促して
くれるようなデリケートゾーン専用黒ずみ・乾燥対策ジェルを使いましょう。黒ずみやかゆみの予防になります。

今では様々な種類のコスメが売り出されていて、その使用法、効能も実にまちまちです。
「黒ずみ」の悩みから解放されるために、コスメのメリット、デメリットもしっかり把握して、ご自身の体質に合った物を厳選して、
トラブルを解消しましょう!

最近よく耳にするデリケートゾーン(VIO)脱毛という言葉、皆さんはご存知でしょうか?
デリケートゾーン(VIO)とは、V(ビキニライン)、I(陰部から肛門にかけたライン)、O(肛門周辺)の3つの部位を合わ
せたゾーンを意味しています。

今、オシャレな若い女性を中心に、脱毛サロンやクリニックなどで、デリケートゾーン(VIO)脱毛が注目を浴びており、施術す
る女性も年々増加しているようです。

とはいっても、場所が場所だけに「デリケートゾーンを他人に見られるのが恥ずかしい」といった理由で躊躇し、自己処理を選ぶ女
性も多いようです。

ただ、とてもデリケートな部位なので、自分でムダ毛処理する際には、多くのリスクが生じる危険性があります。
特にIラインはデリケートな個所で、毛抜きやピンセットでは強い痛みを伴い、埋没毛や炎症、黒ずみなどが起こりやすく、カミソ
リも危険なのであまりお勧めはできません。

また、処理の際、脱毛する部位が見えにくいため、うっかり傷つけてしまったり、黴菌が入り炎症する危険性もあるので、細心の注
意をはらって処理する必要があります。

ただ、自己処理では、効果は一時的なものなので、安全で確実な効果を求めるのなら、脱毛エステサロンやクリニックなどで、プロ
にお任せすることも1つの手段だと思います。

永久脱毛のメリットは、不衛生になりやすいアンダーヘアがすっきりとなくなることで、特に生理中の蒸れやカブレ、かゆみから一
切解放されるというところです。

他にも、他人の目を気にせず、自分の好きな下着や水着を楽しむことができ、自己処理の手間や労力からも解放されるなど、メリッ
トは沢山あります。

ただ、デメリットもあり、個人差も大きいのですが、施術の際に痛みを伴うことが多いという点です。特に、Iラインは敏感で痛み
を感じやすいようです。
あまり痛むようなら、スタッフの方に言えば、レーザーの出力を下げてもらったり、クリニックなどの医療機関であれば麻酔ど何ら
かの処置をして貰えると思うので、相談してみるとよいと思います。

また、永久脱毛をすると、二度とその部分から毛が生えてこないので「温泉に行ったとき等、アンダーヘアががまったくないと恥ず
かしい」と躊躇う意見も多く聞かれました。

欧米では、男女年齢関係なく、デリケートゾーン(VIO)脱毛が常識ですが、日本では、欧米ほどまだまだ一般に普及していない
ので、アンダーヘアがツルツルだと確かに人目が気になってしまう部分はあるかもしれません。

いずれは、老若男女関係なく、デリケートゾーン(VIO)脱毛が当たり前という時代がやって来る可能性はありますが、やはり現
状をよく考えて、悔いのない選択をされることをお勧めします。

近年、ヘアスタイルやファッションと同じように、デリケートゾーンの形を自分好みにスタイリングする若い女性が増えています。

デリケートゾーンはVIOラインとも呼ばれ、Vは小さめのショーツ(ビキニライン)からはみ出してしまうムダ毛、Iは陰部から
肛門にかけて生えるムダ毛、Oは肛門周辺に生えるムダ毛を意味しています。

髪形やファッションはその年ごとに流行りのスタイルが変わりますが、デリケートゾーンに関しては、常に定番の形が女性に支持さ
れているようです。

ちなみにVラインでは、逆三角形の「トライアングル型」が定番の人気だそうです。
そもそも、デリケートゾーン自体トライアングルの形をしているので、自然体で違和感ないことが人気の理由かもしれません。

ちなみに、「トライアングル型」でも、ビキニを着たときにアンダーヘアがきちんと隠れるくらいの「ナチュラル型」と、露出の多
いビキニでもしっかりと収まるくらいの「ミニトライアングル型」がありますが、ショーツの中1~3㎝ほどに収まる程度に処理する
女性が多いようです。

他にも、セクシーなIライン型や自然体のUライン型、女性らしく丸みを帯びた逆卵型など、好みの形も様々で、実に個性が表れる
ところですね。

Iラインに関しては、完全にツルツルに脱毛する派と、少しだけ残す派に分かれるようですが、衛生面で考えたら、排泄物が付着し
黴菌や臭いがつきやすいアンダーヘアごと、キレイにさっぱり脱毛することをお勧めします。

ただ、脱毛サロンやクリニックで永久脱毛をしてしまうと、当然のことながら、脱毛した個所からは2度と毛が生えてこないので、
「温泉に行ったときや年を取った時に全く毛がないと恥ずかしいのでは?」と躊躇する人も多いようです。

また、永久脱毛となると、彼氏やご主人など、パートナーに反対されるケースもあるようで、そこは納得いくまで話し合ってから、
焦らずにゆっくりと結論を出されることをお勧めします。

Oライン(肛門周辺)に関しては、デリケートゾーン脱毛の中ではあまり人気がないようで、「VラインとIラインは脱毛するけれ
どOラインはやらない」という女性も多いようです。
でも、やはりIラインと同様、Oラインも、排泄物の付着しやすい部位でもあり、不衛生になりやすいので、キレイに脱毛した方が
衛生的でよいと思います 。

デリケートゾーンの脱毛が浸透している欧米諸国に比べ、日本ではまだまだ脱毛する人自体少ないのですが、近いうちに年齢や性別
に関係なくデリケートゾーンの脱毛が当たり前という時代がやってくるかもしれません。
是非、あなたのニーズ、好みのアンダーヘアスタイルを見つけてみてはいかがでしょう?

今や、男女ともに永久脱毛のニーズは増え、今後も成長していくことが予想されます。

永久脱毛でも、全身全てを脱毛する「全身脱毛」と、自分の脱毛したい部分だけ選んで脱毛する「部分脱毛」といった方法がありま
す。パック料金になっているので、全身脱毛の方が割安価格となっているのですが、やはり脱毛範囲が広い分、それなりに料金や時
間はかかるので、時間やコストを抑えたい人達の間では、部分脱毛も人気です。

そういった中、今若い女性を中心に人気なのが、デリケートゾーン(VIO)脱毛です。

VIOとは、V(ビキニライン)、I(陰部から肛門にかけたライン)、O(肛門周辺)の略で、この3つのパーツを合わせて行う
のがVIO脱毛で、サロンによって「ハイジーナ脱毛」とも言われています。

日本では、中高年でデリケートゾーン(VIO)脱毛を行う人はまだ少なく、あまり浸透していませんが、西欧では、男女ともに年
齢関係なく、デリケートゾーン(VIO)脱毛が常識だそうです。近い将来、日本でも老若男女問わず、デリケートゾーンの脱毛が
当たり前という時代が到来するかもしれません。

デリケートゾーン(VIO)脱毛のメリットは、何といっても不衛生になりがちなデリケートゾーンを常に清潔に保っていられるこ
と。生理のときの蒸れやカブレ、臭いから一切解放されるという点は魅力ですね。

ただ、実際のところデリケートな部位なだけに、「他人に見られたくない」という理由で、自己処理をする女性も多いようですが、
とてもデリケートな部位なので、カミソリなど剃って傷をつけてしまったり、肌にダメージを与え、黒ずんでしまったり、毛抜きや
脱毛クリームによる様々な肌トラブル等、トラブルも多いようです。

また、自己処理は一時的なものなので、すぐにチクチクと毛が生えてきて、下着に突き刺ささるなどの不快感を伴ったり、繰り返し
のシェービングはやはり肌トラブルの原因になります。

やはり、安全・確実に脱毛をしたいのなら、脱もサロンやクリニックなどでプロに任せてみるというのも手段だと思います。

ただ、デメリットは、毛の太さや多さによりかなり個人差はありますが、痛みを伴う場合が多いという点で、そのために躊躇する女
性も多いようです。

特に、クリニックや美容皮膚科、病院など、レーザー脱毛は効果が高いのですが、その分痛みを伴うことが多いようです。
ただ、医療機関ですので、スタッフに相談することで、レーザーの出力を下げてもらうなど、痛みを和らげる何らかの処置をして貰
うことは可能です。

それでも不安という方には、サロンやクリックによって、無料カウンセリングや数回だけ体験として試すことが出来るお試しキャン
ペーンを実施しているところもたくさんあるので、一度試してみてもよいかもしれません。

ムダ毛のお手入れは女性の身だしなみの手段です。人目を気にせず、好きなファッションやスタイルを楽しむためにも、ムダ毛処理
は欠かせませんね。

元々、レーザー脱毛が日本に導入されたのは1997年で、その後もオシャレに敏感な若い女性を中心に、脱毛エステサロンやクリニッ
クなどへ通う女性は年々増加しております。また、近年では女性だけではなく男性も、永久脱毛をする方が増えており、その需要は
今後ますます成長すると思われます。

永久脱毛の方法としては、大きく分けて全身脱毛と部分脱毛があります。
トータルで考えると、パック料金になっている全身脱毛が割安ですが、腕や脇、足、顔、背中、デリケートゾーンなど、脱毛をした
い部分だけ選べる部分脱毛も人気です。

中でも、いま若い女性を中心に人気で、注目されているパーツがデリケートゾーン「VIO脱毛」で、サロンによってはハイジーナ
脱毛とも呼称されています。

「VIO」とは、Vライン(小さな下着「ビキニタイプ」を着たときにムダ毛がはみ出すビキニライン)、Iライン(陰部から肛門
にかけたライン)、Oライン(肛門の周り)を意味します。

水着を着たとき、特にVラインの処理は大切ですね。また、小さめの下着を着けるときもやはり、Vラインはもちろんのこと、Iラ
インや0ラインも気にしたいところです。

ただ、デリケートゾーンは、他人には相談しにくい部位であり、「プロのスタッフであっても、他人にデリケートゾーンを見られた
ら恥ずかしい」という理由で施術をためらう女性も沢山いるようです。

しかし、デリケートゾーンは非常にデリケートな部位なので、カミソリなどで自己処理することで、肌にダメージを与え、黒ずんで
しまったり、剃ってもすぐにチクチクとした毛が生えてきてしまい、不快感を伴ったりetc結構トラブルも多いようです。

やはり安全で効率よく、効果的な脱毛を望むのであれば、脱毛エステサロンやクリニックなどでの永久脱毛をお勧めします。

VIO脱毛のメリットは、アンダーヘアがキレイに処理されることで、生理のときの蒸れや臭い、汗によるむれやカブレから解消さ
れ、常にデリケートゾーンを衛生的に保つことが出来るという点です。また「永久脱毛」することで、ムダ毛を自己処理する労力や
煩わしさから一切解放され、人目を気にせず好きなスタイルで水着やファッションを楽しむこともできます。

ただ、デメリットとしては一度、クリニックなどで永久脱毛してしまうと、二度とその部分に毛が生えてこなくなるというところで
しょうか。「若い時はいいけれど、年をとったときにデリケートゾーンがツルツルだと恥ずかしいのではないか」と躊躇う人も結構
いらっしゃるようです。

デリケートゾーンの脱毛に関しては、パートナーの意見や話し合いも大切です。脱毛することのメリット・デメリットをよく把握し
た上で、焦らず慎重に選ばれることをお勧めします。